甘く見てはいけない、本当は怖い結膜炎

>

子供に多い結膜炎の原因と注意点

子供のかかりやすい結膜炎とその原因

ウイルス性や細菌性の結膜炎は、感染のリスクが高く抵抗力が少ない子供は特に感染しやすい病気の一つです。

感染した場合は、自分自身が感染源とならないよう注意が必要です。
細菌性の結膜炎では、赤ちゃんの場合母親からの産道感染により発症するクラミジア菌や淋菌、乳幼児や小学生はインフルエンザ菌が多いと言われています。

また学校や習い事でのプールでは、細菌性もウイルス性も感染してしまうので、医師の許可が出るまで入水禁止となります。
症状が治まった後でも、腸内にウイルスが侵入しているため、便と一緒にウイルスや菌が排出されます。

そのため、治ったと自己判断せず、医師へ相談することが大切です。
また日ごろからの手洗いを徹底したいですね。

うつらない結膜炎、アレルギー性結膜炎

うつらないタイプの結膜炎にはアレルギー性結膜炎があります。
アレルギー性結膜炎の症状の特徴は、目がショボショボして充血し痒みが強いことです。
まぶたが腫れたり目ヤニや涙も出ることが多く、痒みが強くこすってしまうと目の周りの皮膚も赤くただれてしまうので注意が必要です。

アレルギー性結膜炎は、花粉やダニ、ハウスダストといったアレルゲンに過剰に反応することによって起こる結膜炎です。
季節によってひどくなる場合や一年中症状が出る場合など、人によって原因や症状も様々です。

対処法としては、まずはアレルゲンに触れない生活を心がけることが優先です。
症状が軽い場合は、冷たいタオルで目を冷やすだけでも効果が期待できますが、重症になりそうな場合は眼科を受診してアレルギーを抑える点眼薬や炎症を抑えるステロイドの点眼薬で治療を行います。
まずは眼科を受診し、検査をして原因を知ることが大切です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る